ACTMENT PARK

ACTをAMUSEMENT PARKのように楽しめる場所

脚本・音楽・振付全てオリジナルで制作し、誰もが楽しめる場所空間を創造したい

ACTMENT PARKとは「ACT(芝居)をまるでAMUSEMENT PARKのように楽しめる場所を作りたい。」という思いから生み出された造語であり、脚本・音楽・振付・演出を全て自社オリジナルで制作し、作品を通して、老若男女だれもが楽しめる”場所”や”空間”を創造することを目指しています。

2017年、現代表で脚本家・演出家の岡本一馬が「心震える最高のエンターテインメントを作りたい!」という思いで旗揚げして以来、2021年に「株式会社ACTMENT PARK」へと法人化いたしました。同年、それまで主軸としていたレストランシアターでのお客様体感型・巻き込み型の上演スタイルから、劇場公演へと活動スタイルを変化させていきました。劇場での オリジナル ミュージカル 1作目『From Broadway with Love~ブロードウェイより、愛を込めて~』をCBGKシブゲキにて上演すると、多くのお客様がキラッキラの笑顔と涙の入り混じった素敵な顔で劇場をあとにされていきました。

以降『Written By…~恋のゴーストライター~』(新宿村LIVE)、『Le Lien-ル・リヤン-』(中野テアトルBONBON)、『あの鐘の音と共に-THE BELL-』(新宿シアターサンモール)と、立て続けに1年間に3本の新作オリジナルミュージカル・劇場作品を上演いたしました。どの作品も、愛・家族・奇跡といった、万人に共通する前向きなテーマを軸に、最後までハラハラさせる先の読めないストーリー展開の後に爽快な伏線回収を行う脚本と、シーンを鮮やかに彩る楽曲、そして、ACTMENT PARKならではの激しいダンスナンバーをお届けするミュージカル・エンターテインメント制作会社として、定評を得てきました。

2023年10月に上演した『Moon of Ruined Castle~クランベリー・ムーン~』(三越劇場)では、約500名の応募の中から選抜されたキャスト47名に、主演の元宝塚歌劇団娘役スター城妃美伶様をお迎えし、大変多くのお客様に喜んでいただくことができました。

これまでにACTMENT PARKでは、梅棒の楢木和也様やHKT48チームHキャプテンの豊永阿紀様、ミュージカル界でご活躍中のダンドイ舞莉花様や鈴木凌平様、美麗様をはじめとし、オーディションで抜擢させていただいたアーティストや役者の方々等、多方面で活躍されている素晴らしいキャスト様をお迎えし、その作品を世に送り出してきました。

どの作品も素敵な俳優の皆様が丁寧に作り上げていただいたおかげで、少しずつではありますが、ACTMENT PARKの作品が、多くの方に喜んでいただけるようになってまいりました。

あなた史上、最高に輝く瞬間を

一つの公演を作り上げるのに、様々な経歴を持ったキャストが集まり、当然、それぞれ得意とするものが違えば、考え方も目指すべきものも違います。1000人キャストがいれば1000通りの個性や考え方がある中で、それぞれが持つ魅力や個性を最大限に生かし、引き出し、未来や思いを共有し、肩を組んで高め合っていきたい。作品を通して、そんな関係を築いていきたい。ACTMENT PARKは、作品の向こう側に、そんな世界を描いています。

と同時に、弊社、ACTMENT PARKの制作STAFF陣は、お客様が最高に楽しめる作品や空間を創ることに一切妥協をせず、作り続けていきます。

「出演してくれたキャスト」
「そのキャストを引き立たせる最高のスタッフ」
「そして、キャストが放つ光を浴びたお客様」

ACTMENT PARKの世界に触れた皆様全員が、あなた史上最高に輝く瞬間を目指して、ACTMENT PARKは作品づくりをおこなっています。

エンターテイメントを通して創り出す世界

ACTMENT ”PARK”ー

芝居やライブ、オリジナルミュージカル、エンターテイメントを通して、よりココロ豊かに、より幸せな気持ちになれる。老若男女、誰もが遊びに来れるそんな”空間”を作りたい。”場所”で生きていきたい。
そんな想いを込めて「PARK」と名付けました。

エンターテイメントの持つ力を信じる私たちACTMENT PARKが、その力を皆様と共有できるよう、これからも走り続ける、それが、私たち、ACTMENT PARKです!

CREATOR STAFF

ACTMENT PARK代表/脚本家・演出家

岡本一馬

立命館大学在学中に経営学を学び、卒業後、関西にて舞台公演プロデュースを始める。その後、東京に活動の場を移し、芝居や演出技法、芸術者としての心得を現場で学んだ後、2017年にACTMENT PARKを旗揚げ。アメリカ的なお洒落な掛け合いやスタイリッシュな作風を得意とする。

ACTMENT PARK全作品の脚本、演出を手掛ける。愛・希望・葛藤をテーマにした観客の予想を裏切る驚きのストーリー展開に定評があり、最近では、高校の演劇授業用脚本の執筆やアイドルライブの構成演出も手がけ、各方面から高評価を得ている。タレントの個性を最大限に引き出すことを得意としている。

作曲家・音楽監督

津村友華

幼少期より、クラッシクピアノ、トランペット、トロンボーン、ホルンといった様々な楽器やミュージカルに触れ、ESPエンタテインメント専門学校にて、最新鋭の作曲技術(DTM)を学ぶ。以降、奥華子や清水ミチコなどメジャーアーティストの編曲、Bリーグアワードや中国最大のファッションショーTmall等の国内・海外イベントでの音楽制作、オーディオテクニカ製品の音作成、短編映画の劇中ピアノ伴奏など、幅広い音楽活動を行う。自身のソロコンサートも年に3回ほど開催。

現在は、ACTMENT PARKが製作するミュージカル作品の全ナンバーの作曲と音楽監督を務める。

振付師・コレオグラファー

ユキジ

日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。
卒業後はダンス講師、ダンサーとして活動する。ACTMENT PARK THEATER vol.2「Written by…~恋のゴーストライター〜」より振付を担当。最近ではMust See Pictures製作の映画「Anonymous Gods」主題歌MV振付指導や、荒井麻珠LIVE TOUR 2022「Song!~Enjoy~」オープニングアクト振付指導など活動の幅を広げている。ジャズダンスチーム「FiZZ」としても活動中。一般社団法人日本ジャズダンス芸術協会主催「Next.G」新人賞受賞。

ACTMENT PARK

演出・制作・脚本制作・楽曲制作・ワークショップ・講師等のご依頼は、こちらのフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせ

(03) 6824-4484

info@actmentpark.com

東京都新宿区西新宿3-3-13-6F

ご依頼に関して

プライバシーポリシー

特定商取引法に基づく記載